マクガイバーの間違いを正す!!

このサイトで入手した情報により、いかなる損害を受けても保障いたしません。(^^;;;;;;;


 冒険野郎マクガイバーは科学の知識を駆使して危機から脱出する。この技が見ていて楽しい。 しかし、根っからの理系人の私としては、その技が科学的に正しくないと許せない。この番組がまったくのSFなら許すが、一応フィクションながらも、現実世界の話をしているのだから。そこで、一人の理系人として間違いを指摘・訂正していきたい。

 ビデオに残している回は詳しく記述できたのですが、そのほかの部分は記憶を頼りに、The MacGyver Archivesのシナリオを参考に記述してます。間違い・情報などはメールでお知らせください。

 今、スカパーで再放送中なので、このページで学習(爆)してからドラマを見ましょう。

 なお、読者対象を理系人に制限します(汗) ですので、用語解説はしていません。近々、The MacGyver ArchivesにてFirst Seasonだけですが、一般人も読めるバージョンが掲載されます。現在あちらのサイトマスターさんと私とで、加筆訂正をしているところです。

 また、下記の行動を実際に行い、生じた、いかなる損害も保障いたしません。行動を行うことによる社会的利益が危険性を上回る場合のみ、個人の判断・責任において行動して下さい。当サイトでは、下記の行動を推奨するものではありませんし、期待した効果を得られる保証をするものでもありません。



日本放送回
米国放送回
タイトル
邦題
1話
4話
The Gauntlet
国境の死闘

1 プラスチック爆弾(C4爆薬)にカメラのストロボを接続して爆発を起こし、屋敷から脱出しましたが、ちょっとムリ。 物によりますが、ストロボの電圧は350V以上、電流は短絡時は数百Aと言われてます。しかも、接続した端子がミニプラグのようですが、普通、機械の設計者はむき出しの端子にそんな電圧かけるようには作りません。(感電するので)また、火花を飛ばすにしても端子をショートさせなければ不可。

2 ドラム缶等を爆発させるシーンについて 1つ目の木ダルが転がり始めてから5カット目 左から右へ、木ダルに向かって一瞬煙が走ります 導爆線の煙でしょうか? 特殊効果の仕掛けがバレちゃった?(笑)

2話
2話
Golden Triangle
黄金の三角地帯

 「マクガイバー。私たちに銃の使い方を教えて」 「いや〜、とてもムリだ。銃をまともに扱えるようになるには2週間はかかる」って言ってますが、どうなんでしょ? 現職警官の方の意見求む! もしくは、中国・ロシア射撃ツアーに行ったことのある方でも可(笑)

3話
6話
Trumbo's World
失われた大地

1 潅漑用ポンプのピストンをコインで溶接して直したが、やっぱ専用の装置がいりそう。同じような実験を、うちの電源装置(16V、 30Aまで可)コインの代わりに近くの金属片でやったけどちょっと辛いです。 TVでは電圧計が100〜150Vの間を指してたけど、かわらんやろな〜

2 化学肥料に使われる硝酸塩と樹皮から採った繊維を混ぜ、酸を注ぐとニトログリセリンほど過敏ではないが威力は充分あるニトロマイトができる といってますが、ニトロマイトってなんなんでしょ? とりあえずは、硝酸エステル類ってことにして、この反応は硝酸塩でできるの? 硝酸(原液)と硫酸の混液に繊維をいれれば、ニトロセルロースができるけど。([C6H7O2(OH)3]n+3nHNO3→[C6H7O2(ONO2)3]n+3nH2O) ちなみに、ニトロセルロースは無煙火薬とも呼ばれ、銃の発射薬にもつかわれていました。 (注:知識の悪用を防ぐため、わざと間違えている可能性もある。海外では説明の個所が音声カットされた、という話も聞いたことがあるそうです)

3 上で作った爆弾について いつの間に導火線作ったの? トルンボが持っていたという設定かな? ちゃんと黒色火薬を詰めた導火線のように火花を上げて燃えているところからして、密かに(笑)導火線も自作したという設定かな?

4話
7話
Last Stand
ラスト・フライト

1 マグネシウム合金でできた高価なレース用バイク(自転車)のフレームを削って粉状にし、錆びた鉄くず(酸化鉄)混ぜてバーナーにしているが、自転車のマグネシウム合金は、そうそう燃えるような量含有していないと思う。酸化鉄とアルミニウムでテルミット反応(Fe2O3+2Al=Al2O3+2Fe+203kcal)なら鉄の融点以上の反応が起きるので可能だと思う。(昔、この反応で電車のレールの継ぎ目を溶接していたらしい)
 ちなみにレース用のバイクにマグネシウムは、現在使われていないそうです。

2 新聞紙に化学肥料をかけて、エンジンスターター(スプレー)のエーテルを染み込ませて即席の爆弾を作ってますが、こっちも疑問。 化学肥料は硝石なんぞが入っていて、酸化剤と考えるとして、可燃物がない! エーテルは燃えるけど、液状だし、ちょっと??? 普通、硫黄や炭素を混合しなくてはいけない。エーテルでは例え燃えたとしても、爆発は起きないと思う。
 (注)アメリカの化学肥料には硫黄を含有するものがあるそうです(情報提供:しばやん氏) ただ、この手の黒色火薬類が一番威力を発揮する分量は、硝酸カリウム75%、硫黄15%、炭素15%と言われていて、炭素の存在が欠かせないし、硝石の入った肥料に最初から可燃物が混ぜてあるとは考えにくい もし混ぜて販売していれば、運搬中に振動で発火したり、保存中に日光が当たって発火する可能性があるしね もっと詳しい情報をお持ちの方のメールを待ってます

3 業務用冷凍室の中で鉄の棒を持つマクガイバー。業務冷凍庫の中であんなもんを持ったら、凍って棒が手にへばり付くそうです(byうちの親父)

4 業務用冷凍室の鍵を水を凍らせて壊しますが、ムリ? だいたい冷凍庫なんだから凍って壊れるようじゃあ商品にならないのでは? その辺、冷凍庫関係の方、情報求む!!

5 ラジコンの飛行機に2の爆弾を取り付け、その上にオリーブオイルをかけて、マッチで火を付けていましたが、オリーブオイルの引火点は室温より高いので、加温しない限り、引火しないはず

5話
8話
Hellfire
油田火災の恐怖

1 飛んだヒューズをガムの包装のアルミ箔で代用しましたが、あの銀紙ってコーティングしてないのでしょうか? してたらコーティングをはずさなと不可 私は中学放送部時代、常に生徒手帳にアルミホイルを入れてました。一度だけこれをヒューズの代わりに(よい子は真似しないように)
 その後、日本で売られている多くのガムはコーテングされていず、飴の場合はコーテング してあるのが多いとの情報を頂きました(情報提供:たけぴょん氏) アメリカでは、コーティングされているものとされていないものの2種類があるそうです(情報提供:五十嵐氏)

2 電球が割れて石油に引火しますが、普通、ああいうところで使う物は防爆構造なんですけどね まあ、切りつめてやっているってローラが言っているので、ここは見逃してあげることにしましょうか

3 マクガイバーが気をそらせるために言った言葉 「問題はキュリーの法則だ。物理の基本法則の1つ。常磁性体の磁化率は絶対温度に反比例する。昔、高校で習ったろ? ん?」 私は理系物理クラスにいたけど習わんかったゾ! 向こうの教育課程に詳しい人の情報求む!

6話
9話
The Prodigal
兄弟

1 「ドライアイスのいいところは反応が敏感なことだ。特に液体に。」と言ってますが、ドライアイスが昇華するのは物理変化であって、化学反応(化学変化)ではありません 反応という言葉は不適切

2 樟脳と洗浄液を使って、銛を撃っていますが、現在調査中

7話
10話
Target MacGyver
暗殺集団

1 刺草の毒で吹き矢を作ってました。刺草の毒が血管にはいると中枢神経をやられ数時間は動けないそうですが、??? 刺草の成分はギ酸です。蟻と同じです。漢字で書くと蟻酸って言うくらいですから。蟻に噛まれるのも痛いですが、その程度なのでは?(詳しい含有量とかがうちの本になかったので詳細不明)

2 朝鮮アサガオの実をハリーじいさんに食べさせてますが、朝鮮アサガオにはトロパンアルカロイド(麻酔性物質)が含まれています。華岡静修も使った薬です。ただ、副作用等々を考えると怖いですが。(緊急避難的措置としては適切?)

3 硫化鉄に粘土を混ぜてやると自然の抗生物質ができる。これは...漢方でも鉱物を傷を治すのに使うのでOK ただし、傷口に直に粘土を付けたら破傷風になりそうで怖いです

8話
11話
Nightmares
悪夢

1 テレビのブラウン管とバッテリーをコードでつないで、ドアのそばにセットする。敵がドアを開けたとき、コードがブラウン管に触れて爆発するような仕掛けを作ってましたが、ダメ。バッテリー1個12Vでどうしろというのか。大体、ブラウン管に爆発性の物質なんて入ってないぞ。使うならブービートラップで、ドアを開けたら頭上にブラウン管が降ってくるとかにしてほしかった。

2 鉄の棒を消火栓で叩いて磁石にしてます。 鉄の棒に衝撃を与えることで鉄の分子が整列し一方の端にイオンが集まり磁石になる。理論は正しいですが、大した磁力にはならないと思います。

9話
13話
Flame's End
メルトダウン

 廃棄室に閉じこめられてしまったマクガイバーとエイミーがタイマロックの扉を開けるために、時計の進む早さを早くするシーン。「電気時計は、発振クオーツ(水晶発振子)の振動で時間を計測する仕掛けだ。だったら、急激に強い電流をながせば。」「時計が壊れるんじゃない。」「あ〜あ、最終的にはそうなるさ。だけど、そうなる前にクオーツの振動速度が極限まで速くなる。」「時計もどんどん進むってわけね。」 水晶発振回路でこの方法はほとんど不可能。ちなみに、VCO発振回路なら電圧を上げれば発振周波数は上がります。
 ご専門の方の話によると、水晶の周波数を回路の定数等(電圧を変える等の含めて)で変える事はできるそうですが、極わずかであって1%変える事もほぼ不可能だそうです(情報提供:たけぴょん氏)

10話
15話
The Enemy Within
裏切り者

1 メイザー牧師が銃を撃とうとしたので、マクガイバーは超高周波発振装置で牧師を狙って倒しますが、そんなんだと眼鏡が壊れる位の出力を出せば、顔も溶けちゃうと思うのですが(汗)。これは架空の装置だとおもいますが、仮に、一般的に考えられる高周波発振装置(例えば、電子レンジの中のマグネトロン)だとしたら、ドラマのように、レーザー光線のごとく収束した状態で放射されるとは考えにくいです。よって周りの人も被害を被ると思うぞ。

2 アジピン酸化合物に一定量の鉄分を含んだ水溶液にヘキサメチレンジアミンを入れ、電極につないで磁場を作るとナイロンになる。とありますが、たとえばアジピン酸ジクロリドにヘキサメチレンジアミンを入れると即座にナイロンになります。NHKのセミナー化学なんかでよく実験してます。磁場なんか不要。(n(CH2)4(COOH)2)+n(CH2)6(NH2)2→[CO(CH2)4CONH(CH2)6NH]n+(2n-1)H2O)よっぽど低濃度にするとか、アジピン酸を化学修飾して反応性を下げないとムリ。実験してくれる人求む!!

3 体内にナイロンができてしまった場合、電流で磁場を破壊すれば血栓を取り除くことができると言ってますが、一回反応してしまった物はどうにもなりません。

4 バニスターが倒れたので、電気的除細動(カウンターショック)で、心拍を再開させるために、マイクコードの絶縁を剥いで、ロウソク台にくくりつけ、心臓に当てていますが、その処置に当たっての診断根拠は?
 普通、医者が電気的除細動が行うのは、心電図上である種の不整脈(心室細動)が確認された場合、もしくは心電図上でも心室細動か心停止か判別の付かないときに行うのですが、マクガイバーはいきなりやってますな。 もし、心静止のように止まっている心臓に除細動したのなら、とどめを刺しているようなものですわ

5 電気的除細動のための電源はどっから取ってるの? マイクコードに流れる電流(マイクレベル)は数mVだからこれではどうにもならない。ACから電源を取ったとした場合、電圧はいいとして、この場合、周波数が問題となる。普通電気的除細動は直流でするのだが、コンセントの50〜60Hzの交流は心室細動を起こしやすい危険な周波数だ。オレなら写真のフラッシュ回路のコンデンサーからコードを引っ張るぞ。こっちはDCで、充電時間を調整すれば200〜300Vと結構いい電圧が出るので、緊急避難的措置としてはいいかも。(ただし、一般人による医療措置は法律で禁止されているので、差し迫った生命の危機があり、死亡までに医療機関に運べそうにないような、緊急時のみ(詳しくは知らないので、法律の専門家の意見求む!!))

6 ロウソク台を胸に当てる位置がおかしい 本来は、前胸壁上、1つは第2〜3肋間胸骨右縁に、もう一つを心尖部に置く

7 血栓ができている状況下で、電気的除細動により拍動が戻ったということは、ナイロン(血栓)が体内血液循環に回ったということだ。もし、血栓が脳に到達し、血管内に引っかかれば脳血栓でやばい! 肺に行けば、肺塞栓。 あんまり悠長なことはしてられないぞマクガイバー!!

11話
16話
Every Time She Smile
天使の微笑

 排気ガスとラジエターの水を混ぜて非融和液を作り出し、道にまいて後方から来た車を滑らせる。 ディーゼルエンジンの排気ガスには炭化水素が含まれており、水を混ぜれば科学者がいうところの非融和液、つまり水と油のように混じり合わない液体ができる

不明

12話
20話
The Escape
脱獄

1 ラジオを修理するシーン。フェーズを調整すると言っていました。と言うことは、ラジオはスーパーヘテロダイン方式ですな。実際に触っていたのはトリマコンデンサだと思う。3点調整かな?(ラジオ音響技能検定にも出るぞ)

2 「麻薬で一番作りやすいのはPCP」 これの真偽は定かではない。(だって製造したことないんだもん) 除草剤のPCPと、麻薬PCPは別物なので要注意。こっちのPCPはフェンシクリジンの略称だ。ちなみにPCBでもないぞ。

3 PCPというドラッグの便利な点の一つは爆発することだ。揮発性の溶液を加えることで、どこにでも持ち運び便利な爆弾が出来上がる。 これも不明

4 火花を出させるには手近の電気回路を使うのが一番だ。 これは非常に(笑)正しいと思う。 あとはライターに入っている電気石や圧電素子なんかが使えると思う。

13話
21話
A Prisoner of Conscience
善良な囚人たち

1 KGBの車の排気筒にジャガイモを詰めて動けなくする。 あの通り、もくもくと車内に煙が立ちこめるのでしょうか? 勇気有る実験者レポート求む!

2 ジェットボートの取水口を塞いで、陸に上がると爆発。 なぜ爆発? 陸に上がったときの衝撃でガソリン漏れ?

3 「電球はタングステンのフィラメントと2本の針金で作られている。合い鍵にはもってこいだ。」 あの針金ってそんなに固くないのでピッキング(錠前破りのこと)には向いてないと思う。

4 コーキング用コンパウンドに凝固剤を混ぜると強力な接着剤ができる。 不明 ただし、混ぜたときに出た煙は演出過剰だと思う。

14話
24話
The Eraser
殺し屋

1 電子ロックをバラして、電気スタンドのコードをコンセントに差して、ロックを解除しているが、ムリ。機械を壊すことはできても解除はちょと... マクガイバーの言葉に「電子ロックは中にいる人物がボタンを押せば開く構造になっている。この種のロックの間抜けなところは、電気さえ正常に流れればドアの内側外側の区別が付かないことだ。」とあるが、その通りで、正常に流せばの話である。強引に100V流されても困る。

2 自動車電話の配線と車載コンピューターの配線とつなげ、車の中に入ったとき、外から自動車電話に電話をかけて相手が受話器を取ると車にロックがかかって車を動けなくしているが、理論的には可能だと思うが、その回路を解析するのに相当時間がかかるし、それなりの道具がいる。あの状況ではムリだ。

18話
26話
The Wish Child
光の皇子

1 マクガイバーがポールを探しにチャイナタウンに行って、捕まり、貨物コンテナに閉じこめられたシーン 「少量の火薬を一定方向に爆発させれば板に穴を開けられる。他の花火に誘爆しないことを願おう。」 爆竹を板の間に詰めてジャンパーで押しつけ爆発させて脱出しますが、おそらくモンロー効果(ノイマン効果)のことを言っているのだと思います。ただ、ジャンパーで爆発の衝撃を反射できるとは思えません。

2 鍵のかかった金属製のドアを破るため、銃弾の銀灰色の火薬を取り出し、それを鍵穴に詰め、その上から雷管を詰め、拳銃で叩いて火薬を爆轟させていました。 銃弾の推進用の火薬があのように、閃光と火花を上げてバンと爆轟するのでしょうか?

3 後半、リーに追いつめられたマクガイバー達は元の閉じこめられた所に戻り、超常現象を演出し、リーから逃れようとする。このシーンで二酸化炭素消化器を使い煙幕を発生させていますが、密閉空間で二酸化炭素をまき散らすのは危険。自分たちも窒息する可能性がある。その後に、リーが心臓発作(?)を起こしますが、二酸化炭素を吸い込んだことで誘発したと考えれば、伏線がなくても筋が通ります。

19話
29話
The Road Not Taken
決死の逃避行

1 追っ手を捲くために肉の脂肪と灯油で導火線の代用品を作ってますが、マクガイバーがその導火線に火を付けたときの火花は演出過剰。ゆっくり糸が燃えてゆくなら納得できますが、アレはだめ。

2 ロザリオをレンズ代わりにして細い蔓を焼き切る時限装置ですが、ムリ。あの形状なら乱反射で焦点があわず、燃えるほど熱くはならないはず。

21話
36話
Birthday
誕生日

 ヘリウム気球を作るシーンで、ボンベの色が黄色でしたが、日本では黄色は塩素のマークです。むこうではどうなのでしょうか? 知っている人はメールを下さい。

26話
40話
Partners
7年目の招待

 ジャックが遅れて登場し、ユリを渡すシーン。
 ジャックが渡した花は、実はカラーという花。ユリ科でもない。サトイモ科。英語でも「lily」と言ってますな。

28話
42話
Friends
バースデープレゼント

 5インチディスクをくちゃくちゃにして持ち帰り、解析に回す。 Win95以降のパソコンマニアの方は知らないと思いますが、その昔3.5のディスクより大きく、ぺらぺらのディスクがありました。それです。よいこのみんなはあんな風に折り畳まないこと。普通は読めなくなります。

29話
43話
D.O.A MacGyver
失われた過去

1 タイトルの「D.O.A」について 日本語訳としては到着時死亡とかですね 日本救急医学会ではCPAOAに用語を統一したそうです(CardioPulmonary Arrest On Arrival:来院時心肺停止状態)

2 塩酸とアンモニアで煙幕を張る。 理論は正しい。しかし、現場になぜアンモニアがあるの? 塩酸は船底の掃除に使うので理解できるけど。 ちなみに、あの有名なラボアジェもこんな実験をしていたそうな(HCl+NH3→NH4Cl)

30話
44話
For Lover or Money
大逆転

1 病院の薬剤室(?)で煙幕の材料を調達するとき。 なぜあんなに実験器具があるの?品質検査でもしてるのか(汗) それと、黄色のボンベがあったけどなんであんなものがあるの? 日本では黄色のボンベは塩素の印。あちらではどうか知らないけど、事情通の人報告求む!

2 同じく、脱出用インスタント爆薬を製造するところで、ニトロの錠剤に「相当量のニトログリセリンが入っている。」と言っている。 日本では1錠あたり0.3mgである。これを相当量と言うのだろうか。これは実験のしようがないのだが、ムリだと思う。 ちなみに、日本の医療機関での話ですが、急患(心疾患)の方にカウンターショックをしたら、胸のペンダント(発作の時に中のニトロを飲む)が爆発したらしい。古くなった錠剤からニトロが気化してペンダントにたまっていたらしい。

32話
48話
Ghost Ship
ゆうれい船の怪

 衛星から探知できる発信器を、石油の通る金属パイプに投入して、ピーターに危機を知らせるシーン。 通常、衛星へ電波を送るなら、マイクロ波領域の電波を使うのですが、この電波は、金属によって遮蔽されやすいのです。こんなもんを金属パイプに投入しても、外部に電波が漏れることはないと思います。

35話
51話
Jack in the Box
泥棒の遺産

 カーバイトの灯りについて。 アメリカで未だに使っているのか?という気がする。また、炭坑で爆発を起こすとき、あんな少量のカーバイトで、派手に爆発するの? 理論はもちろん正しいんだけどね(CaC2+2H2O→Ca(OH)2+C2H2

36話
53話
Hell Week
バリケードコンテスト

1 低温物理研究室にあった質量計。 アレって何? 見た感じはガイガーカウンタだけど。ちなみに英語ではマススペクトロメトリー(質量分析装置)と言っていました。GC−MSのことだとしたら、もっと大がかりな機械だし、あの部屋には必要ないはず。低温物理室だったらヘリウムリークデデクタ(ヘリウム漏れ検出器)のことが言いたいのかもしれない。

2 ディビッドの仕掛けの解除方法を予想するジャネットが言った「スキャナーで調べる」について。 スキャナーってなんのことを指してしているの? スペアナだとしても、送信されていないと周波数は分からないし、普通、あの手の機械にはIDコードを送る仕組みがあって、同じ会社の機械で、周波数が同じでも、IDが合わないと開かなくなっている。あれはそう簡単に操作できないはず。

3 ヒラリーの部屋の仕掛け。共振でグラスを壊す。 共振で割れるかな?相当(耳が痛くなるほど)大きな音を送らないとムリと思う。

4 時限錠を破るために周波数変換器を作ったディビッド Macが「やりましたね。周波数のピッチを上げて時計を早送りする気だ。」と言ってますが、理論はOK ただ、デジタル信号を逓倍するだけならあんな大きい装置・回路は必要ないです TTL1コで十分作れますから オレなら、逓倍回路を組むのが面倒なので、ヒラリーの部屋を攻略するときに使った、低周波発振機の出力を直接時限錠の回路へ繋ぐぞ。

5 ディビッドが立てこもった物理ラボの上が核実験室(しかもプルトニウムを使用しているらしい)!? マクガイバーが「誘爆する」って言ってるので、臨界量くらい置いてるのかな? それとも、実験用原子炉でもあるんかな? そんな部屋を普通、2階とかに作らないと思う。別棟とか、地下に作ると思うけど。もちろん、ごく少量なら別だけど。

6 動体感知器をごまかすのに、酢酸とアンモニアで煙幕を張っていますが、ムリと思う。(CH3COOH+NH3→CH3COONH4)塩酸とアンモニアなら可。っていうか、化学の専攻のある大学ならもっと別な薬品が使えるはず。(ちなみにマクガイバーはウエスタン工科大で化学の学位を取得)

7 動体感知器のコネクタを外した時に火花がでる。 ヘン。そんな高い電圧をセンサーに供給してるの?

8 エレベーターのパネルからコードを取りだし、高圧放電させる。 ヘン。コード間の距離を考え、10KV程度ないとあの放電はムリ。エレベーターのパネルにそんな高い電圧を供給する必要はない。なお、これについては実験をしたが、手元のテスターの測定限界を超えて、計測不能。

37話
52話
The Windowmaker
笑う復讐鬼

 電話線をショートさせてエラードにモールス信号を打つ ???ショートさせると電話が切れると思うけど、ミカカ関係者の意見求む! なお、日本の電話線は無通信時48V掛かっているので、触ると感電します。要注意!

39話
55話
Kill Zone
ミクロの暗殺者

1 マクガイバーの防護服に付いていたカメラとアンテナ ちゃっちすぎ。いかにもおもちゃ風。

2 アンテナが壊れたときに、衛星のアンテナで代用。 衛星のアンテナちゃっちすぎ&衛星も小さすぎ。 また、アンテナは使用する周波数に合わせて作られているので、転用しても効果は薄い(もちろんないよりはマシ)。

3 グローボックスの修復のために冷蔵庫を壊してますが、その冷蔵庫の引き違いガラス戸に放射線マークが付いてます。放射性物質の保管はあんなんでいいの? そりゃ、放射線のレベルにもよるけど、ガラス戸はあかんやろ

4 細菌を殺すのにレーザー焼却。 なぜ爆発? 焦げる程度では? 培地に引火性物質でも入っているのか? しかも、グローボックスを食い破るような細菌ならボックス全体が菌で汚染されているはず。全体を焼却すべし。

5 エレベーターの動きが遅いので、どっかの操作パネルから取り出したトランスで昇圧して、速度を上げる。 理論はOK。が、トランス大きすぎ。操作パネルの中で使用するトランスならもっと小さくていいはず。

6 間違いというわけではないが、爆破システムが作動して爆発が始まってから4シーン目は、92話の爆弾が爆発するシーンと同一。6シーン目は同話のシーンの別ショットからの画です。(柱に付いている時計が11時なので) ひょっとして予算なかった?

40話
56話
Early Retirement
早すぎた引退

 この研究施設って前に細菌が漏れて爆破したところでは?(39話)もう復旧したのか?

42話
59話
The Negotiator
危険な駆け引き

1 デボラが仕掛けた盗聴器。 ちゃちすぎ。組立キットのFMワイヤレスなみ。受信機はパーソナル機の雰囲気。受信機がPLL使ってるなら、送信機は水晶使うとか周波数安定度が高いのにしないとあかんやろ。

2 車のバッテリーでデボラを感電させる。 不可。普通、車のバッテリーは12Vか24V。痛くも痒くもない。やるなら点火プラグの所からコードを引いて、感電させたいときにエンジンをスタートさせる。それに、デボラの靴底ゴムやろ!!

48話
64話
Murderer's Sky
小さな相続人

1 「静脈用点滴のチューブからヘイシンと言う毒薬が見つかった。鑑識官も初めて見たと言ってた。」
 「ヘイシンは漢方薬局に行けば手に入る。」
 「目を見れば分かりました。虹彩が黄色になってた。毒殺の特徴です。」
 ヘイシンと言う物質は天然薬物事典には載ってませんでした。詳細不明。

2 マクガイバーとチャンが閉じこめられた地下室の隠し扉について。 押して開く扉なのに、閉じこめられた部屋の方に擦れた跡が残るのはおかしい。

 (話は変わりますが、チャンの声って、名探偵コナンのコナンの声(高山みなみ)ですな

49話
69話
Collision Course
アメリカズ・GTカップ

1 フェニックス財団の車に妨害工作をした犯人を見つけるために、TV中継車に乗り込んだシーン。 「イメージエンハンサでビットマップできないか?」 処理中の画面がモザイク状になってますが、実際にあんなんが画面に出るのでしょうか? それと、拡大後の動画が綺麗すぎると思うのですが、バイト先のカメラマンに聞いてみます。

2 水死体の肺から取った水を検査するシーン。マクガイバーが「塩化硝酸銀だ。塩素を検知できる。」と言ってますが、多分翻訳ミス。英語では「sliver nitrate(硝酸銀)」と言ってます。(Cl-+Ag+→AgCl↓) 硝酸銀の銀イオンが水に溶けた塩素イオンと反応して塩化銀(白色沈殿)ができる。

3 「消火器に亜硝酸をたっぷり詰めた。燃料パイプに繋いである。こいつを引けばロケット並に飛び出す。」 詳細不明 ちなみに、ルール違反らしい。

3 2で生成した塩化銀について。 なかり白くなっていたが、一体どんな濃度の溶液だったんだ? たらした硝酸銀の量も少なかったのに。

50話
63話
The Endangered
密猟者

 ヘリから木で作った矢印を見えやすくするために、褐鉄鉱を振りまくシーン。 ブリタニカ国際大辞典によると、褐鉄鉱は各種の水酸化第二鉄Fe(OH)2の鉱物を主成分とする鉄鉱石の一種で、その名の通り褐色ないし赤褐色の物が多いそうですが、あのシーンでは黄色ですな。

51話
65話
The Secret of Paker House
ペニーの災難

1 白骨化した骨盤にナイフで傷を付けると火花が飛び、それで、鉛中毒と断定。 鉛中毒で火花なんて飛ぶんでしょうか?

2 ペニーが落としたコップに残った砂糖を舐めたマクガイバー。 メスカリン入り砂糖だったらしいですが、判断根拠不明。それに、50mg以上舐めたら幻覚見るはずだぞ!マクガイバー!!

52話
66話
Blood Brothers
帰郷

1 フェノールフタレインとDRAIN CLEANERを混ぜ、血色を作ってましたが、不可。 あの呈色反応は赤色透明です。 どっから見ても血には見えません。

2 回顧シーンで、救急隊員が「残念だったな」と言いますが、日本ではあり得ません。死亡診断は医師の専売特許なんで。むこうではコメディカルの権限が結構有るようなので詳しいことは分かりませんけどね。 日本では、死斑や死後硬直など、明らかな死の徴候があるときには病院搬送よりも警察に連絡が行くそうです。

53話
67話
The Outsider
アーミッシュの村で

 井戸にダイナマイトを仕掛け、電気雷管を繋いでましたが、その雷管の脚線の色が黄色でした。脚線の色は段発雷管の段数を表すので調べておきたいと思います。

54話
70話
The Survivors
老兵は死なず

1 麻薬捜査の飛行機の証拠を撮影したカメラのフィルムを現像するシーン。 バッテリー液・臭化カリウム・炭酸水素塩・アンモニア・オレンジの絞り汁で現像しているようだが、方法まで言ってないので不明。

2 臭化カリウムが救急キットに入っていると言っていたが、そんなものに、入っているの? 臭化カリウムは昔、鎮静剤に使っていたけどね。

3 その現像後、その絵がすぐ消えるといっていたが、不明。

55話
73話
Cleo Rocks
懲りない復讐鬼

 マクガイバーがマードックの足に電気コードをつないで感電させて倒したが、マードックは死んでも死にきらんから、普通なら、水槽(?)にはまったらすぐに、コードを水槽に入れて感電死させる。 殺すのはマクガイバーの流儀に反するが.....

60話
74話
Fraternity of Thieves
パピオンと呼ばれた男

1 ピーターがシアン化水素(青酸ガス)を吸わされ倒れたシーンについて かなりの量が噴射されたようなので、駆けつけたマクガイバー達も中毒を起こしそうです まあ、シアン化水素は空気より軽いので拡散も早いですけど

2 あれだけ吸い込んだのにピーターが「う〜う〜」うなってますが、普通なら即死or即仮死で意識は無いはず。 定着液(チオ硫酸ナトリウム)を飲ますときにも手足が動いてますな。

3 Mac:「青酸ガスはシアン化合物だ。チオ硫酸ナトリウムで中和できる。」 軍関係者:「ああ、2分以内にそいつをどこで手に入れる?」 と言ってますが、実際には亜硝酸アミルを吸入させた後に、チオ硫酸ナトリウムを静注しなければならない。シアンは亜硝酸アミルのため、メトヘモグロビンと結合してシアンメトヘモグロビンとなり無毒化される。次に、シアンメトヘモグロビンの解離によって生じたシアニドをチオシアネートに変換するために、チオ硫酸ナトリウムと投与する。要するに、チオ硫酸ナトリウム単剤の投薬(しかも経口)は意味無いじゃ〜んって訳です。しかも、メトヘモグロビン血症に100%酸素吸入、全血輸血が必要。また、心不全に対し心マッサージやペースメーカー留置。
 オレなら、大*のお*ち*とかを売っているお店(笑)で、Rushとして売っている亜硝酸アミルを買ってきて先に吸わせるけど、多分間に合わないですな。
 中毒臨床ABCによると亜硝酸アミルは時代遅れって書いてあったけど、緊急だからしょうがないね

61話
75話
The Battle of Tommy Giordano
優しいドン

1 アルコール・アンモニア・酸を混合して、引火したら白煙が上がる仕掛けを作ってましたが、酸が塩酸としたら、混ぜた瞬間白煙が上がります。 それに、アルコールを混ぜる意味が不明 反応については失われた過去を参照して下さい。

2 1の仕掛けに引火するように、ラジコンの機械の配線をいじって、リモコンを操作したときに、1cm程度の放電が起きるようにしてますが、ラジコンの機械ではムリでしょう。一般に1cmあたりの空気の絶縁破壊電圧が10KVと言われていますが、ラジコンに10KVなんて電圧を作る回路は付いてないです。

65話
81話
Easy Target
やさしい標的

 話の最後のあたりの無線機を改造するシーン。無線機を送信すると、改造無線機から煙の出る仕掛けについて。 無線機の改造中にアンテナ端子にコードをつなげて、他の所につないでいるが、受信で回路を破壊するなら、RXランプやスピーカ端子あたりからどっかへつなげるべき。

66話
78話
Gold Rush
消えた黄金

 バッテリー液と航空用ガソリンを瓶に詰めブービートラップにつないで、引っかかると2液が混合、爆発するようにしているが、バッテリー液の硫酸は濃度が低いので加熱するなどして濃度を上げておくべき。

67話
79話
The Invisible Killer
影なき殺人者

 ヒイラギの実をコーヒーに混ぜ毒殺するシーン。 正確にはセイヨウヒイラギらしい。毒性についてはうちにある毒物治療の本2冊には記述なく、天然物化学の本にも記載されていなかった。ブリタニカ国際大辞典によると「人間が食べると激しい嘔吐と下痢を引き起こすが、鳥は食べても無害である。」そうだ。ただ、人を殺せるほどの毒性があるかは不明。

68話
82話
Renegade
殺人バクテリア

1 Dr.コズビーの研究室から盗まれるBACILLUS anthracis(ANTHRAX)ですが、炭疽菌のことです。(情報提供:ニセJCOさん他1名) 日本語訳でそう言ってくれれば簡単に調べられたのに(汗) Ω教の人が亀戸でばらまこうとしたやつです。ちなみに、この研究室の入り口に張ってあるシールをみるとバイオハザードレベル3らしい。 致死率80%と言ってますが、肺炭疽ならほぼ100%だそうです。

2 この研究施設って前に細菌が漏れて爆破したところでは?(39・40話)

3 動きセンサーについて。マクガイバーがゆっくり動けばOKと言っているところからして、センサーは焦電型センサー? これなら積分型センサー(要するに変化に対して反応するセンサー)なので反応しないものと思われる。ただ、どうやってセンサーの種類を特定したのか不明。

4 動きセンサーを白熱電球の明かりでごまかす。スイッチを入れた瞬間ぶっ飛ぶと思うのですが。実験の必要あり。

70話
87話
Cease Fire
大統領暗殺計画

 最後のロープウェイに仕掛けられた爆弾について。 間違いとか、そんなんではないのですが、タイマーの部分が秋月の組立キットに見えてしまうのは私だけでしょうか(^^;;;

73話
85話
Legend of the Holy Rose (Part 2)
失われた聖盃(後編)

 最後のレーザーを発射するシーン。光路がゆっくり見えてくるが、レーザーも光には変わりないので、あんなゆっくり光が進むことはない。それに、太陽が雲から出てくるのだから最初は弱いレーザーが出てくるはず。

74話
88話
Second Chance
パパは賞金稼ぎ

 最後のへんで、ドアを破るのに、クロロホルムを使うシーン。マクガイバーがクロロホルムは爆薬になると言っていたが、ダメ。クロロホルムが不燃性なのは常識。消火剤に使う四塩化炭素の親戚だ。こんなもの爆発するわけがない。これは酷すぎる。

75話
89話
Halloween Knights
泣く殺し屋

 「蛇は灯油の臭いを極端に嫌うんだ。」 不明

77話
92話
The Ten Percent Solution
ネオ・ナチズムの嵐

 防火扉を爆破するシーン。あんなナイフで防火扉に穴をあけることができるのだろうか。調査中。

82話
99話
Jenny's Chance
スティング作戦

1 小型超音波発振機について。マクガイバーが「こいつは見たところマイクロスピーカの一種だ。このサイズからして、かなりの高周波を出すはずだ。」と言ってますが、あれはどこからみてもコンデンサーマイク。ちなみに、この機械からは30KHz、20dbの超音波が出ていて、80dbにパワーアップしたかったらしい。

2 マクガイバーが作ったコンピュータシステムについて。メモリ1GBでCPUの演算能力は毎秒1億5000万(いやそれ以上だ)らしいですが、アメリカ放送日時がわからないので、当時の一般的コンピュータとの性能比較ができない。

88話
102話
Hearts of Steel
鋼鉄の涙

 フェニックス財団の新しいモンタージュシステムについて。 キーボードとマウスはSunのワークステーション風ですな ソフトのLook&FeelもSunのCDE風 でも、モニタ本体はMacのSE風ですな。 なんか統一性がないぞ(笑)
 ちなみに、警察の電話番号データベースのパソコンはIBMのPS/V機ですな。

91話
106話
Humanity
甦る友情

1 最初に出てくるテルミット爆弾。 火薬が粘土状だけど、これでもテルミット爆弾? 情報求む。

2 同じく、テルミット爆弾について。粘土状の火薬に鉄球があるのは破壊力を増すため。問題なし。

92話
1話
{untitled}
決死の救出作戦

1 硫酸タンクが最初に映った時に漏れた硫酸の色が茶色に見えるのは気のせい? 本来硫酸は無色透明のはずだぞ。

2 ガス探知式レーザー(青色)で、探知すると高圧電気が流れるようになっているが、その発見のためにたばこの火をつけるシーン。高圧電気の放電で火をつけたのか、それともレーザーの熱エネルギーでつけたの? どちらにしても変。レーザーでつけたとしたら、物体検出用のレーザーにしては、強力すぎる。

3 双眼鏡の鏡でレーザーを反射させ、レーザー装置を破壊しているが、そんなに強力なら鏡が割れると思う。

4 エアロック(通称ガス室)のガスは神経ガスらしいですが、そうなら、服でマスクを作り、口と鼻を塞いでも、マクガイバー言うとおり、気休め。このガスがサリンだとしたら皮膚からも吸収する。ガスを吸ったらすぐに解毒剤の硫酸アトロピンやPAM(2−ピリジルアルドキシムメチオダイド)の注射が必要。
 まず、対処療法剤である硫酸アトロピン静注後、ChE活性の復活を促進させるPAMを静注。ただし,この時硫酸アトロピンとPAMを配合できません。硫酸アトロピンの作用発現時間が遅延します。別々のラインから静注ですな。

5  途中でパクったチョコレートで硫酸のタンクのひびを修繕している。解説に、酸と糖が化合すれば純粋炭素と粘性残留物ができるとあるが、う〜ん、ず〜っと硫酸が接触した環境では粘性残留物も分解してしまってスカスカの完全な炭素と二酸化炭素になってしまい、再び漏れ出すと思うぞ。

6 そのチョコレートだが、濃硫酸と接触したのだから、もっと派手に煙りを出して、真っ黒にならないといけない。

7 冶金ラボで冶金をヒントに爆弾を作るのを考えるシーン。マクガイバーの後ろの棚に放射能マーク。ちょっとやばくない?

8 ナトリウム(劇物)が保管されている棚。無施錠。日本の法律では、毒物・劇物は施錠できるところに保管するように義務づけられている。

9 ナトリウムの缶がお茶の缶みたい。確か、あの程度の量の入れ物はビール缶みたいな形になっているはず。

10 (セルビデオの字幕)ナトリウムと水との反応について。ナトリウムと水とが反応して酸素ができる。となっています。多分翻訳ミス。 (2Na+2H2O→2NaOH+H2) 水素ができる。
 他にも、字幕ビデオ版とテレビ放送版とでは訳が違うところが見受けられます。

11 ナトリウムと水で爆弾を作り、壁を爆破して博士を救っていたが、理論はOKだが、量的にムリ。マクガイバー曰く、「ほんの数gで十分だが」あそこまでのことはならない。ナトリウムの缶まるまる1コならいけるかも。ただし、爆発で飛び散った水酸化ナトリウムに注意すること。 (2Na+2H2O→2NaOH+H2
 みなさんは高校の化学の実験でこの実験しませんでした? ナトリウムひとかけらではそんなにすごいことにはならなかったでしょ?(昔、某W実業高校で化学の先生が事故でケガしたけど(汗))

12 ナトリウム爆発との時。火花は変な気がする。発生した水素の爆発ならほとんど見えない青い炎のはず。もしくは、ナトリウムの炎色反応で黄色い炎が見えるはず。

13 モールス信号で地上と連絡を取るシーン。研究所の電源がたった一カ所の押しボタンスイッチで制御できるわけがない。普通ならデュアルシステムになって保護しているはずである。

93話
3話
Thief of Budapest
少女イアナ

1 塩と砂糖と殺虫剤を混ぜて爆発を起こさせると言ってますが、実際には、バッテリー液と猫イラズ(無色透明の液体)を混ぜていました それでもムリ。なんで塩がいるの? この組み合わせで起こりそうな反応は NaCl+H2SO4→HCl+NaHSO4 こんなもんでは?

2 マクガイバーが信号機のタイマーにクレジットカードをはさんで、色がすぐに変わるように仕掛けているが、少なくとも日本では不可。あんなちゃちい仕組みではなく、完全電子制御(マイコン)式である。

3 パクったトランシーバーとラジオをひっつけ、風船で空に飛ばし、警察無線を使用不能にしたのはOK 風船で無線機を高いところに飛ばすと、見通し距離が大きくなり、より広範囲の警察無線を妨害できる。

94話
5話
The Heist
指令007作戦

1 マクガイバーが、電気室に忍び込み、時計の短針と長針に導線を取り付け、針が重なる2時10分にショートする仕掛けを作っていたが、導線の太さを考えると、針が動かない可能性がある。もし、細いので同じことをすると、焼き切れてしまい、効果半減。

2 キャトランのスイートルームに侵入したマクガイバーは、行く手を光センサーの警報装置に遮られたために、近くにあった光ファイバー製のオブジェから光ファイバーを取り出し、発光部とセンサ部を繋いで侵入していましたが、場面のようなつなぎ方では一瞬光を遮断してしまい、反応してしまうと思う。 やるなら、少しだけ光の当たる部分に光ファイバーの先端を差し込み、もう片方も同様の作業をし、徐々に光ファイバーを差し込まないといけない。

3 グラスにワインを注ぎグラスハープの要領で3桁のDTMF制御のロックを解除しているが、DTMFなら同時に2つのグラスをならす必要があるので、そう簡単に解除できない。
 ちなみに、このシーンでマクガイバーは「1オクターブ高いな」とか言っているので結構音感いいみたい。

4 飛んでいる飛行機の貨物室に閉じこめられたマクガイバー、中の車で脱出するため、エンジンを掛けていましたが、高度9000mの低酸素状態でエンジンは掛かるのでしょうか。

5 車にパラシュートを付け、飛んでいる飛行機から車ごと脱出しているが、普通パラシュートは人間1人分程度の重さしか使えないはず。車ごとなら複数のパラシュートを付けなければならない。また、互いに絡まないように注意しないといけない。

95話
12話
Deathlock
死の罠

1 キッチンにて、ミキサーなど、モーター機器でノイズ(妨害電波)を発生し、監視カメラを使えなくしたが、普通、据え付けのカメラって有線式にすると思うぞ。また、仮に無線式でも、カメラの位置すら分からない状況で、測定機器のないマクガイバーにその判別はできない。

2 センサー式の機銃を、お酢と重曹の煙幕で無力化しているが、ムリ。二酸化炭素が発生するだけで煙は出ない。(CH3COOH+NaHCO3→CH3COONa+CO2+H2O)

96話
14話
Countdown
恐怖の時限爆弾

 間違いの指摘の前に、この爆弾の仕組みを解説しておく。

 爆弾は透明のケースに入っており、端は樹脂でふさがれて、内部は真空になっている。中にはリン化合物の粉(色からして黄リン?)が盛られた皿があり、その上部にブルーのライトがあり、西ドイツのボルテック社製熱線センサーが見えている。また、4本のガラスシリンダーには青色の液体(色からして硫酸銅水溶液?)が電解液として入っている。

1 船上イベント用のネオン管を利用して皿の上のリンを吸い出す。 ネオンガスを放出したからといって、ネオン菅が真空になる訳ではないので、圧力差が生まれないので、リンを吸い出すことはできないと思う。逆に排出されるネオンガスでリンが吹き散らかされるような気がする。オレなら、ネオン管に水を入れて、リンに水を掛けて発火しないようにするけどね。

2 リンを吸い込んだネオン管を取り出したときの眩い閃光について。 中のリンが黄リンだとしても、外に取り出してもあんなことにはならないと思います。せいぜい白煙を上げる程度かな?。黄リンの発火点は50℃。 発火しやすいように酸化剤でも混ぜているのかな。

3 電解液のシリンダーについて。パイプを外すと電線に流れてしまい電流が流れてショートしてしまうため、 中和させる必要があったらしいが、中和させる意味が不明。中和したからといって不導体になるわけではない。塩が生成し、導通は維持される。また、中和後、液体が透明になっているが、アルカリ溶液として牛乳を使ったら、タンパクの白い沈殿物があるはず。

4 電解液の中和に約5分待っていますが、中和反応って速攻なんですけどね。アルカリ溶液がシリンダの中で拡散するまで待つと言う意味ならOKだけど。

98話
18話
Ugly Duckling
ミサイル撃墜作戦

1 低周波発振機とスピーカーを接続して音を出し、敵の耳におかしくさせる。マクガイバーらはヘッドホン耳栓代わりにしている。ヘッドホンが開放式なら意味無し。密閉式であったとしても、ヘッドホンなら音が漏れて聞こえるはず。滑走路で作業する人が使うプロテクターならOKだけど。なお、人は背後から不意に90デシベル(だったかな)以上の音を聞くと気絶するらしい。

2 連邦航空局の通信衛星・サーサットを使って、ラジオを改造して作ったトランシーバーから発信している243MHzの電波をとらえ、ケイトの居場所を突き止めるが、ムリ。あの程度の機械で出る電波の出力では衛星でキャッチできない。仮に相当出力があったとしても、連続送信できない。 また、衛星の名前がサーサット(SARSAT)なのではなく、探索救難衛星システムの名前がサーサットのようだ。使用している人工衛星はソビエトのコスパスとアメリカのノア衛星 それに、サーサットが受信できるビーコンの周波数は121.5MHzと406MHzらしい。

3 納屋に閉じこめられたケイトが窓の鉄格子を発電機で溶断するシーン。 発電機の電圧計は100Vを指していたようですが、コードを接続した端子はバッテリーの端子のようでした。その電圧では溶断できないはず。

4 「スプレー缶には炭化水素が使われている。バーを冷やすには十分だ。」と言っていましたが、フロンが満タンのエアーブロワーとかなら気化熱でいけると思うけど、普通のスプレーでそんなに冷えるとは考えにくいですね(無いよりはマシでしょうが)

5 サボテン(の汁)と違った種類のワイヤー2本で1セルの電池にして、ポータブルラジオを動かしているが、不可。レモン電池と同じ原理なので、理論は正しいが、消費電流を考えると辛い。しかも、1セルだと起電力が低すぎる。

6 ラジオで無線を傍受していましたが、不可。ラジオの周波数と無線の周波数がかなり違うので受信できないはず。無線機のアンテナの形状からして、CBかVHF帯域あたりの無線機かな? もっとも、ケイトのラジオの方は改造しているのかもしれないけどね。

7 アンテナの先に針金でわっかを作り、指向性を得ているが、ムリ。6で推測した周波数では、ループアンテナは使えない。八木アンテナにすべき。こんなんで送信者の方位を得ることはできない。

8 太陽と時計で方位を割り出したり、三角法で送信者を割り出すのは正しい。が、7番の問題より、犯人に到達するのは難しい。また、受信局同士が10数メートルと近すぎる。私の記憶が確かなら、最低1波長以上距離を空けないと測量できないはず。

9 ミサイルをオリジナルの熱線追尾式に戻すために改造するシーンについて。ケイトが「このチップを外せばOKよ」と言っていましたが、実際に触っていたのはDIPスイッチに見えます。普通、チップと言えばICとかLSIのことを指すんですけどね。英語でも「chip」って言っていました。

99話
19話
Slow Death
正義の復讐

1 橋にダイナマイトを仕掛け、電気雷管を繋いでましたが、その雷管の脚線の色が茶色でした。脚線の色は段発雷管の段数を表すので調べておきたいと思います。

2 目覚まし時計で嘘発見器を作る。嘘を付くと血圧が上がり、汗をかいて、皮膚の電気抵抗が下がるというマクガイバーの解説は正しいが、目覚ましを鳴らすのは? 電池1本1.5Vで、汗をかいた人間を20KΩとすると、1.5V/20KΩ=0.075mAで、微弱な電流しか出ない。だから、組立キットの嘘発見器はOPアンプや、トランジスタで増幅して表示している。目覚ましを鳴らすにはそれなりの回路がいる。

101話
23話
The Human Factor
死のコンピュータ指令

1 掌紋の照合をパスするのに、壁の石膏を砕き、センサー部に振りかけ、服で軽く押し当てているが、少なくとも現在は不可。生きている人間は静止しているように見えても、絶えず揺れている。この微妙な振動も検知して判定しているので、死人の手だけを持ってきても通らないようになっている。

2 毎度おなじみ、レーザーで先へ行けないマクガイバーは鏡でレーザー発振器を破壊する。これは、上の決死の救出作戦を見て欲しい。

3 ダクトを通り、バキュームポンプのあるところまでやって来たマクガイバーとジル博士。これ以上空気を抜かれないように、バキュームポンプのケーブルを切断たのだが、そのときの火花は演出過剰 3相交流でモーターを回しているとしても、あんな派手に火花が出続けるような電圧は掛かってないぞ。

4 バキュームポンプのケーブルを切断たら、扉を締められてしまう。で、コンピュータの制御端子板を見つけ、先ほどのケーブルで、コンピュータに過電圧をかけて破壊し、脱出する。この場合、コンピュータを破壊するのが適切かどうかはさておき、このときのジル博士の一言「過大な負荷をかける」これがおかしい。(英語でも「over load」と言っていました)電気的な意味で、負荷をかけるというのは、抵抗をぶら下げることを言う。抵抗といっても、純粋に部品の抵抗ではなく、モータや電球といった電気を消費するものと考えて欲しい。マクガイバーはポンプの電源ラインをコンピュータにつないだのだから、電圧をかけるという表現が正しい。しかもこの場合過電圧だ。 

104話
33話
Phoenix Under Seige
恐怖のビル爆破計画

1 音声認識式のドアロックを、デジタルレコーダーで通り抜けていますが、このシーンで写るレコーダーをよく見るとテープが回ってますな。テープ式なら「デジタルテープレコーダー」と言いなさい!

2 財団ビルの一室に閉じこめられ、硫化水素を流し込まれたマクガイバーとハリーじいさん。マフラーで口と鼻を覆って、なるべく息をしないように指示し、高いところへ移動しますが、マフラーで口と鼻を覆っても気休めにしかならないと思う。マフラーを水に浸せば、硫化水素が水に溶けて、吸気ガスに硫化水素が入らないかもしれない。他はOK。

3 硫化水素の充満した部屋で静電気を発生させ放電させてますが、硫化水素には引火性があるのでヤバイと思う。

4 同じシーン。閉じこめられた部屋が電子ロック式で、外から壊されていたので、押しボタンスイッチが使えず脱出できなかったのですが、押しボタンスイッチのリード線に静電気を放電させて脱出しますが、静電気と普通の電気は違うので、そうそううまくは行かないと思うぞ。

5 ニューヨークロックを外すシーン。電磁石にバッテリーの電流を流したときに「ブ〜ン」と音がしていますが、演出過剰。電磁石に直流を流しても音はしないはず。側に交流の流れる電線があれば別だけど、見た感じなさそうだった。

105話
35話
Soft Touch
証人暗殺計画

1 音による拷問について。「知ってるか?人間の耳をぶっ壊すには150dBでいいんだと。脆いんだ。」と言っていますが、不明。上のミサイル撃墜作戦に音については書いていますので参考にしてください。なお、このときの被害者の方は失神&鼓膜が破れました。

2 拷問部屋のある家から逃げたペニーが、Macに助けを求めるシーン。 Uターンして、車にぶつかりそうになってましたが、その相手の車。よく見ると、日本話数第6話の「兄弟」に出てくる建築家の車やんけ!

3 ユーリとペニーが冷凍庫に閉じこめられたときのMacの台詞。「零下30度の中で、中の人間が低温ショックに陥るまで10〜15分の余裕しかない。」と言っていますが、不明。

4 マグネシウム合金製車椅子の車輪を壊して、バーナーにしていましたが、合金でもあんなに燃えるのでしょうか? 冶金化学に詳しい人の意見求む! って、この回は不明ばっかりやんけ!

5 爆弾を作っていた机の上にオシロスコープが置いてありましたが、これって、オレが持っている奴と同じやん。 みょ〜に嬉しかったので書きました。(汗)

113話
113話
Bitter Harvest
怒りの葡萄

 分光器を作って農薬の種類を判別するシーン 農薬の付いた枝に除光液を垂らし、それを白熱電球にかざし、偏光硝子のサングラスで覗いて、フィックス(4−CPA)と同定していますが、これは不可です
 偏向ガラスでできるのは旋光度が分かるだけで、分光は出来ません さらに、旋光度が分かっただけでは農薬の同定はムリ クロマトグラフィー等で分離後、旋光度を測るなりして同定しないといけない

115話
115話
Squeeze Play
堕ちた大リーガー

 マクガイバーがテープに録音した電話のプッシュボタン(DTMF音)を聞いて、携帯電話の音と聞き比べて、電話番号を割り出すシーン。マニアは聞き比べなくても聞いただけで分かるそうです(汗)

 どうでもいい話ですが、ライリー役の人がモーゲンスタン部長(erに出てくる人 ウイリアム・H・メイシー)に似ている気がするのは私だけでしょうか

140話
140話
Lost Treasure of Atlantis
失われた大陸の秘宝

 ミサイルを壊れた車に取り付け、弾薬庫から脱出するシーン 68話で同じネタ使わなかったか? 映画で同じネタはいかんやろ

141話
141話
Trail to Doomsday
核爆発へのカウントダウン

1 核兵器工場に置いてあったファンクションジェネレーターを使って耳障りな音を出すシーンについて 98話で同じネタ使わなかったか? 映画で同じネタはいかんやろ

2 1と同じシーン なぜに、オシロとファンクションジェネレーターが置いてあるのだ? 兵器作るのにいらんやろ? それに、オシロの電圧レンジを変えた意味が不明 表示される波形が大きくなるだけやろ 2回目にオシロをいじるシーンでは、音の周波数が変わるし ウソすぎ!

3 核爆弾を作動させるために半球状の中性子反射材(?)に球状のウラン253を入れるシーン 直接ウラン253を触ってますな 全開に被曝するやろ





・ メールを送る 今すぐメールを送りたい人はここ
・戻る ホームページへ



Copyright(c) Masamitsu Nabe all rights reserved. 1999-2004