第2種情報処理技術者直前確認

このサイトで入手した情報により、いかなる損害を受けても保障いたしません。(^^;;;;;;;


 私が、最低直前に見ておきたいと思った物です これを元に、自分用の対策シートを作りましょう

 半加算器の回路図
  EORとANDゲートで作る
  

 レピーター
  物理層の中継
  ケーブル長の延長

 ゲートウェイ
  ネットワーク層より上層のプロトコルの違いも吸収し中継
  現在のデータベース

 ルーター
  ネットワーク層での中継
  経路選択

 ブリッジ
  データリンク層での中継
  プロトコルの異なるLAN間接続

 回線利用率
  回線利用率=単位時間あたりのメッセージ量(bps)/回線の伝送速度(bps)

 電気通信事業法
  第1種電気通信事業者   → 郵政大臣の許可
  特別第2種電気通信事業者 → 郵政大臣の登録
  一般第2種電気通信事業者 → 郵政大臣の届出

  第2種電気通信事業者は1種の回線を借りて小売する事業者
  特別第2種電気通信事業者は1200bps換算で500回線以上を不特定多数へサービスする事業者
  一般第2種電気通信事業者は上記以外

 INSチャネル
  INSネット64   2B+D16=64×2+16=144kbps
  INSネット1500 23B+D=64×23+64=1536kbps
  B:データ伝送チャネル D:制御チャネル

 ロールフォワード処理
  更新後イメージをロールフォワード
  前のデータベース

 ロールバック処理
  更新前イメージをロールバック
  現在のデータベース

 コンパイル過程
  1 字句解析
  2 構文解析
  3 意味解析
  4 最適化
  5 コード生成

 システム開発の順序
  1 基本設計
  2 外部設計
  3 内部設計
  4 プログラミング設計
  5 プログラミング
  6 テスト

 基本設計の内容
  1 システム化計画
  2 プロジェクト実行計画
  3 要求定義

 外部設計の内容
  1 要求仕様の確認とサブシステムへの展開
  2 コード設計
  3 画面設計・報告書設計
  4 論理データ設計

 内部設計の内容
  1 機能分割
  2 入出力詳細設計
  3 物理データ設計

 プログラム設計の内容
  1 プログラムをモジュール単位に分割、モジュール間のインターフェースを決める
  2 結合テストの計画を立て、テストケースの作成

 プログラミングの内容
  1 モジュールの内部設計を構造化設計する
  2 単体テスト計画の作成
  3 モジュールをコーディングして、単体テストする

 テストの種類と順番
  1 単体テスト
  2 結合テスト
  3 システムテスト
  4 運用テスト

 STS分割
  モジュール分割技法
  源泉/変換/吸収

 TR分割
  モジュール分割技法
  データの流れが分岐するとき使用

 ターンアラウンドタイム
  ジョブを投入してから処理結果を受け取るまでの時間

 レスポンスタイム
  トランザクションを入力してから結果が出力され始めるまでの時間

 スループット
  単位時間に処理できる仕事量

 平均アクセス時間
  ヘッドのシーク時間+データのサーチ時間+データの転送時間
  シーク+1/2×60/回転速度+60/回転速度×1セクタあたりのデータ/トラックあたりの記録容量

 入出力割り込み
  外部割り込み
  動作終了、状態の変化(印刷用紙の不足等)

 SVC割り込み
  内部割り込み
  ユーザーのプログラムが入出力する場合、処理プログラムが制御プログラム(スーパーバイザ)の機能を利用する等

 タイマ割り込み
  外部割り込み
  一定時間ごとに発生

 機械チェック割り込み
  外部割り込み
  プログラムの実行中の装置でエラーが発生した場合、そのまま実行しないようにする

 プログラム割り込み
  内部割り込み
  プログラム実行中の誤りで発生
  0で除算
  オーバーフロー

 Ada
  分割コンパイル
  アメリカ国防省

 ALGOL
  科学技術計算

 APL
  関数型言語
  数値的・論理的関係記述
  非手続き型

 LISP
  関数型言語
  人工知能
  非手続き型

 Prolog
  論理型言語
  推論機能
  非手続き型

 PL/1
  科学技術計算
  事務処理

 Smart Talk
  オブジェクト指向
  非手続き型

 非手続き型言語
  Prolog
  LISP
  APL
  Smart Talk
  順に、プラス(PLAS)と覚える

 スワップアウトFIFO
  First-In First-Out
  最初にスワップインしたものがスワップアウトする

 スワップアウトLRU
  Least Recently Used
  もっとも長い間実行されないものをスワップアウトする

 スワップアウトNRU
  Not Recently Used
  ある一定時間実行されないものをスワップアウトする

 キュー
  FIFO

 スタック
  LIFO

 STS分割
  モジュール分割技法
  源泉/変換/吸収

 単位系のオーダー
μ
1012
10
10
10
10−3
10−6
10−9
10−12

 MTBF
  平均故障間隔

 MTTR
  平均修理時間

 稼働率の計算式
  稼働率=MTBF/(MTBF+MTTR)

 直列稼働率の計算式
  Aの稼働率×Bの稼働率

 並列稼働率の計算式
  1−(1−Aの稼働率)×(1−Bの稼働率)

 RASIS
  信頼性
  稼働性
  保守性
  保全(完全)性
  機密性

 損益分岐点の計算式
  変動費率=変動費/売上高
  損益分岐点売上高=固定費/(1ー変動費率)

 著作権
  個人の著作物の保護期間は著作者の死後50年間
  法人の著作物の保護期間は公表後50年間




・戻る 資格試験をサポート!!へ
・戻る ホームページへ



Copyright(c) Masamitsu Nabe all rights reserved. 2000